もう一つの「いんちきたんちき」
RECENT ENTRIES
  • facebookに引っ越し(10/28)
  • 2012年は…(12/31)
  • 目の錯覚遊び(02/20)
  • ブレーキにターボチャージャー(01/27)
  • 2011年を振り返り…(12/28)
  • 【い】(12/28)
  • 【ろ】(12/28)
  • 【は】(12/28)
  • 【に】(12/28)
  • 【ほ】(12/28)
  • 【へ】(12/28)
  • 【と】(12/28)
  • 【ち】(12/28)
  • 【り】(12/28)

  • CATEGORY
  • まんぞぉ心の俳句 (230)
  • 「エッセイ」の裏側 (14)
  • 「技術家庭科」の裏側 (8)
  • 「めかぶ」のハナシ (7)
  • デジカメ・画像・web (11)
  • たわごと (26)
  • も・く・じ (2)

  • LINKS
  • いんちきたんちき
  • めかちゃん劇場

  • PROFILE
    MANZO(Fanfare)
  • Author:MANZO(Fanfare)
  • もう一つの「いんちきたんちき」
    我が家のトイ・プードル「めかぶ」のコトを綴ったサイト「いんちきたんちき」。そのウラ話などをチラッと紹介いたします。
  • RSS

  • CALENDER
    07 | 2006/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT COMMENTS
  • まんぞぉ→mmhomeさん(01/03)
  • mmhome(01/03)
  • まんぞぉ→mmhomeさん(03/13)
  • mmhome(03/11)
  • mmhome(02/02)
  • まんぞぉ→mmhomeさん(01/01)
  • mmhome(12/29)

  • RECENT TRACKBACKS
  • オタクの飛行機博覧会:T-2 (練習機)について-オタクの飛行機博覧会(03/05)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:ペット福袋(ペット服)(01/01)
  • 名古屋育児日記:年賀状(12/27)

  • ARCHIVES
  • 2013年10月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (49)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年01月 (1)
  • 2010年12月 (12)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年12月 (12)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (12)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (9)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (32)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (33)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (3)
  • 2005年06月 (4)
  • 2005年05月 (2)
  • 2005年04月 (4)
  • 2005年03月 (16)

  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    蒸し暑い…無視。あ、つい…
    梅雨明けして夏になったのだから、暑いのは分かります。
    分かります、けど…
    この湿度はないんじゃないですか?と言いたくなる様なジメ~っとした日が続いています。一昨日まで、「ほぼ100%に近い」湿度でした。日中、最低でも87%で、夜から翌朝まではずっと99%だったとか…気象情報ではそんな湿度だったことが報じられています。さらに日中は気温も高くなりますから健康管理が大変です。
    「わ~い、おさんぽ無いのね~ん!」
    と喜んでどっぷり朝寝・昼寝をする一匹を除いては、ここのところの天候を恨めしく思うのでありました。
    ところで…。
    「湿度99%」と聞いて、理系ではない私や、ねぎ編集長はそんな大気の状態を正しく理解することができないのであります。

    ・99%かぁ…あと1%で水だから、空気中で溺れてしまうのか?
    ・目の前の空間から「雨が降り出す」のだ!
    ・濃霧のさらに凄いのがやって来るぞ!
    ・ドライアイが治る~!

    と、マトはずれのことを妄想してしますのです。何しろ、水と湯気と水蒸気の区別がつきません(^^;

    しかし、間違いなくいえるのは、カビが繁殖しやすくなる。
    ということですよね。それにしても暑い。気温は…
    なぬ?45度!?




    …んな、アホな。
    ▼▼▼ 続きを読む ▼▼▼
    スポンサーサイト
    【2006/08/19 21:00】 たわごと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.117)

    靴下を履こうとすると必死で阻止するめかぶです。
    着替える際に、こうしたガウガウ攻撃が毎回あるワケではありません。だいたいが外出するための着替えの時だけで、あきらかに室内オンリーのTシャツやパジャマなどへの着替えは黙って見ています。見分けるというよりもニオイで判別しているようです。
    この日の靴下阻止攻撃は、やがて靴下カミカミ攻撃へと進展し、やっと取り上げて靴下を履いたころには、だいぶしゃぶられたとみえてつま先の部分が少し冷たかった。まず必ずこの洗礼を受けるのがGパン。私が出かける時は私用だろうと仕事だろうとGパンですからね。でも、まだGパンはいいんです、丈夫だから。困るのは冠婚葬祭の礼服の時と、年に数回着るスーツの時ですね。何しろめかぶにすればいつもと違うニオイの服を着ているから、「これはゼッタイにどこかへ行く準備。置いていかれたくない~」と思っているのでしょう。
    私に「いて欲しい」のではなく、「置いていかれたくない」のです。
    この微妙な違い。はがゆい思いをするところであります。
    【2006/08/17 23:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.116)

    昔、写真を撮っている知り合いが送ってくれた暑中見舞は、ヒマワリ畑で一本だけ違う方向を向いている写真がプリントされていました。そこで、今日ヒマワリ畑に行った際も、実はそうした「あまのじゃく」に期待していたのです。
    いました。「あまのじゃく」
    一斉に向こうを向いて咲いている中にひとつだけ逆を向いているヒマワリ。お馬鹿なのか、勇気があるのか、反逆なのか、はたまた個性なのか、天才なのか…。とにかく一本だけこっちを向いている花を見つけ、嬉しくなってパチリ。

    【2006/08/15 22:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.115)

    そーかい、そーかい、涼しいのかい。
    うん、うん、良かったね~。
    などと悠長に微笑んでいられないような暑さの一日でありました。私が座ろうとしていたのにっ!
    触ったときにヒンヤリするものには、遠慮無く座ってしまうめかぶであります。フローリングの床に寝ていても、しばらくして自分の体温で床が熱くなると頻繁に場所を変えています。歩いていて床が熱い所は「さっきまでめかぶがいた場所」なのです。
    【2006/08/14 22:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.114)

    めかぶの服は、出かける時以外に普段は着ないということと、汗もかかないし汚れることも無いせいか、まとめて洗濯されます。小さいとはいえ、数が集まれば、干す場所も占拠されてしまいます。
    私の服はきっと後回しにされています。
    【2006/08/08 22:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.113)

    仙台七夕は雨に祟られているといってもいいくらいに、期間中必ず一度は雨が降るものでした。気が付けば8/5には「前夜祭」が行われるようになり、「東北三大夏祭り」はいつの間にか「東北四大夏祭り」になり、「すずめ踊り」が隆盛しています。毎年、仙台七夕を見ていたワケではありませんが、新聞やニュースには必ず「今年も雨…」という言葉があったように記憶しています。
    七夕は竹と紙で作る飾りですが、伝統的な飾りは和紙で作っていたので少々の雨にもビクともしません。しかし、鮮やかな色彩の飾りを作るようになり、だんだんと和紙ではなく洋紙も使われるようになると雨に弱い飾りもあるのでしょう。
    今から10年近く昔のことですが、「インターネットで願い事を募り、それを短冊に出力して実際に仙台七夕の竹飾りとして飾ってもらう」という企画のお手伝いをしたことがあります。色鮮やかなクス球や吹流しが飾りの主流ですが、願いをこめた短冊にも注目してもらえたのが嬉しかったです。今でも、華やかな飾りの脇に付けられた小さな短冊に書かれた願い事を見るのが密かな楽しみです。
    今年は、暑さでちょこっとの区間しか見ることができませんでしたが(ま、めかぶの写真を撮るのが目的だったので)、大賞をとったのはどんな飾りだったのでしょうか…。
    【2006/08/07 22:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    まんぞぉ・心の俳句 (vol.112)

    幸い、私は夏休みに野山で遊ぶという経験ができた世代です。
    住宅地ではなかなか見られない大型の蝶やトンボに感動し、カブトムシやクワガタはデパートではなく由緒正しく山に行って採ってきました。もちろん、そんなに簡単に採れたワケではありませんが。
    笹竹を採ってきて作った釣竿で川に釣りに行ったことあります。
    お察しの通り、何も釣れませんでしたが…。
    エアコンなんてありませんでしたから、夏は暑いモノと割り切り、いっぱい汗をかいて遊びまわって、しっかり水分を取るという毎日だったと記憶しています。社会人のスーツとは違い、汗で汚れるのを前提にした子どもの服ですから、そうしたことも全く気にならなかったんだろうと思います。
    スタジオ・ジブリのいくつかの映画を見ていて、「里山」のある風景が妙に懐かしいと思うようになりました。とはいえ、そうした手付かずの「里山」が近くにあるわけでもなく、当然、そうした中を頭をカラッポにして歩き回るということもできるわけではありませんでした。
    そんな時に出会ったのがプレステのゲーム・ソフト「ぼくのなつやすみ」そして「ぼくのなつやすみ2」でした。敵を倒すわけでもなく、速さを競うわけでもなく、ただ気持ちのおもむくままに夏休みの30日間を田舎で過ごすだけのゲームです。約30分で一日が終了し、その間に昆虫採集や、釣り、親戚・近所の子どもとの会話、野山や海中の探索などをし、絵日記を書いて一日が終わる。
    昔見たような「里山」の中を駆け回っている、子どもの頃の気分になれることが一番嬉しい。このゲームを「楽しい」と感じられる世代で良かった。
    【2006/08/04 22:00】 まんぞぉ心の俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    と~ちゃんズweb
    ホームページを通して、色々な方とネット上とはいえ知り合いになることができました。特に、犬を飼っているどうしは共通の話題で理解を得やすいということもありますから、話も弾みます。しかし、ブログやBBSへの書き込み、他のサイトのオーナーさん、オフ会の出席メンバーなどを見ると圧倒的に女性が多く、ハンドルネームも「○○ママ」というのが目立ちます。一体、とーちゃん達はどうしているのでしょうか…。と思うと、実は気になって気になって仕方がないのです。
    つい最近も、ネットで知り合いになれたmmhomeさんが休筆宣言をされてしまい、寂しい思いがしているところです(いつでもカムバック歓迎ですよ~)。会社勤めなどをしている方が多いでしょうから、愛犬と一緒にいたい時間を割いてまでネットに力を注げる方も少ないのかも知れません。そんなワケでウィークデーのオフ会は、女性たちの社交の場と化すのであります。「時間が自由になるから」などと私なんかが参加すると「サーーーーーッ」と空気が引いてしまいます。
    ということを頭に置いて、「とーちゃん達のオフ会」というのがどういう空気になるか想像してみました…。いきなり名刺交換する人が必ず一人はいると思います。犬の健康に関する薀蓄を語る人が二人はいそうです。まず誰かがデジカメを取り出しますが、これがいきなり一眼レフだったりします。その向こうでビデオカメラをスタンバイしている人もいます。とーぜんHDです。こうなると収集がつかなくなるのは「それらの映像をどうするか」です。みんなの映像を集めて記念のDVDを作ろう!なんていうところにハナシが落ち着きます。
    いかん、いかん、自分の趣味に暴走してしまいました。

    それにしても、とーちゃん達がどんどんワンコのネット繋がりの中に参加していってもらえることを期待します。帰宅した時に最初に出迎えてくれるのは誰ですか?おそらく愛犬ですよね?そうしたハナシ、会社で同僚にちゃんと聞いてもらえますか?犬を飼っていない人にはあまり本気で聞いてもらえなかったりしますよね。
    でも、愛犬家どうしでこのハナシをしたら…

    【2006/08/02 22:00】 たわごと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。